顎変形症、唾液腺疾患などや交通事故やスポーツなどといった外傷は外科的疾患だけではありません。
よく知られている症状としましては、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などといった疾患も治療ができます。
口腔、顎、顔面、またその隣接組織に現れる先天性や後天性の疾患を口腔外科というのは扱っている診療科です。
歯が原因となってちょっとした疾患を発生してしまっている時や、歯の癌まで治療を行なっているクリニックです。

 

食事や発音、また会話が上手に出来ないなどの機能的な障害だけではなく口腔領域の異常というのは、審美的な障害も起こります。
これらが改善することによって、顔全体に若返り効果があり、実年齢よりも若いお肌を作ることが出来るのです。





後払い.comナビ
後払い.comの案内
URL:http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84.com%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88


《基礎知識》健康的な美しさを実現出来る整形の一つである口腔外科ブログ:17-9-15

おととい、むすこの三歳児検診に行って来ました。
身長、体重、視力、聴力などなど
むすこの成長を確かめるのです。

検診の最後に心理相談という部屋がありました。
そこはお子様の心理や、
お子様を育てる両親のこころの相談室です。

部屋の中に、
わしと奥さんとむすこの三人で入って行くと、
優しそうな男の先生が、迎えて下さいました。

実は今、子育てで悩んでいる事があったんです。

お子様も三歳になると、
お子様同士で遊ぶことが増えてきます。

もちろんお子様たちにも自我が芽生えて来てますから、
おもちゃを取り合ったり、ケンカになったりもするわけです。

それは至って自然な成長なのですけれど、
まだまだ、それぞれのお子様の成長に差があります。

うちのむすこは、
少し小柄で言葉もまだまだ赤ちゃん言葉なんです。

だから、どちらかと言うと
仲間と一緒に遊べなかったり、
話している言葉が伝わらないので、
取り残されたりしてしまう事があるらしいのです。

普段、そんな自分のむすこを見ていると、
両親としては色々感じてしまいますよね。

かわいそうになったり、
むすこが傷ついているんじゃないかと心配になったり…
そんな話を先生に相談してみたのです。

すると先生は…

この世代のお子様は、多少仲間とけんかしても、
両親が感じているほどには、
お子様自身は傷ついたりしていません。

大切なのは、
両親がたくさんお子様を「受容」してあげることです。

話をじっくり聞いてあげたり、
お子様の気持ちを解ってあげたり、誉めてあげたり…
たくさん受容してあげてください。

そうする事で、愛されている、受け入れられてるという安心感を得て、
エネルギーを蓄えて、また社会に向かって行こうとします。

このお話に、わしはすごく納得しました。